光脱毛とは?

医療機関で行われるニードル脱毛、レーザー脱毛の他にサロンで施術される光脱毛という脱毛方法もあります。サロンによって呼び方も違い、フラッシュライト脱毛とも言われます。光脱毛のしくみはレーザー脱毛とほぼ同じで、皮膚表面の黒い色素(メラニン)に反応する特殊な光を照射し、毛根にダメージをあたえる脱毛方法です。では、この2つの違いは出力量と施術範囲、そして料金です。光脱毛は最高出力量がレーザー脱毛の3分の1ですので、レーザー脱毛に比べると脱毛効果は低いですが、肌への負担がかなり少なくなります。また、レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集める直線的な施術ですが、光脱毛は複数の波長を含んだ光で広い範囲での施術ですので、背中や脚などの脱毛処理に向いています。レーザー脱毛と光脱毛には料金の違いもあります。レーザー脱毛は最低数万円かかりますが、光脱毛では数千円、時に数百円というようにとても安いのが特長です。

光脱毛とは?

医療機関とサロンの違いは?

脱毛をしようと思ったとき、クリニックにするかサロンにするか、迷うところです。施術範囲にもよりますが、脱毛にはある程度の時間もお金もかかります。それぞれの特長をよく知ってから、自分に合う方を選ぶとよいと思います。この2つは脱毛方法に違いがあります。医療脱毛の施術は、絶縁針脱毛(ニードル脱毛)と医療レーザー脱毛です。ニードル脱毛は、毛穴にさした針に電気を通すことで、毛根細胞を破壊する脱毛方法です。もう一つの医療レーザー脱毛ですが、こちらは、毛の黒色に反応するレーザーを使って、毛母細胞を破壊する脱毛方法です。一方、サロンで使用されている脱毛方法は光脱毛です。これは施術の方法は医療レーザー脱毛とよく似ていますが、違うのは、出力パワーです。医療レーザー脱毛の強い力での照射に比べるとサロンでの施術は最高出力パワーが医療レーザー脱毛の3分の1程度ですが、その分、肌への刺激や痛みは少ないです。

医療機関とサロンの違いは?